当社は、宇都宮市において、IoT(物とインターネットを繋ぐ技術)を活用した実証実験を挙行いたします。市内複数箇所に、LoRaWAN※の基地局(ゲートウェイ)を設置し、同ネットワーク網を利用して、LPガスの検針や高齢者・子供の見守りなど、市民生活に役立つサービスの実証実験をおこなう計画で、企業・団体などを近く一般公募させていただきます。

  宇都宮市からは、LoRaWAN無線の基地局となるゲートウェイ設置場所として、市庁舎の屋上スペースなどを借用し、宇都宮市主要地域をカバーできるLoRaWANネットワーク網を構築する予定です。実証実験では、社会インフラとして、市民生活などに役立つサービスの構築を目標とし、LPガスなどの検針、高齢者・子供の見守りなどを想定しております。

  一般公募は、2018年5月より開始、同年6月に参画企業・団体を選定し、実証実験稼働は、7月を予定しています。具体的な募集要項等は、近日中に当ホームページにて公開いたします。

※ LoRaWAN: LPWAの一種で、LoRaと呼ばれるIoT向け無線通信技術用いたネットワーク。

資料ダウンロード

LoRaWAN(TM)によるIoT実証実験開始のご案内(PDF形式, 124kB)
2018年4月18日付 日刊工業新聞関連記事(PDF形式, 1.13MB)

本件に関する問い合わせ先

担当 田中 tanaka@nextfield.co.jp
(お電話でのお問合せは、ご遠慮いただきますようお願い申し上げます)